歯科矯正治療で起こりうるトラブルは?:歯列矯正治療 | 東京都 .net

歯列矯正治療 | 東京都 .net
スポンサードリンク



スポンサードリンク

歯科矯正治療で起こりうるトラブルは?

歯科矯正治療
起こりうるトラブル


虫歯、歯肉の炎症
装置の破損
歯根吸収
歯の痛み
口内炎
発音障害
咀嚼障害
ワイヤー、ブラケットなどの陥入による潰瘍
装置による軽度の不眠
体重減少
習慣性顎位の変化に伴う歯ぎしり、クレンチング(食い縛り)、咀嚼筋痛、咬耗など
口腔内は皮膚より吸収が強く、金属ブラケットによる化学物質過敏症も報告されているため、アレルギー体質の人は治療を避けること。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


やはり矯正装置を付けていると食べ物のかすがたまりやすくなるので、
虫歯に気を付ける必要があります。ただ大概の矯正専門医は歯磨き指導に力を入れているはずですから、指導されたとおりに歯磨きをキチンと行うよう心掛けましょう。
posted by 東京都在住の鈴木です。 at 09:59 | 歯列矯正治療 失敗・トラブル
スポンサードリンク



カスタム検索

検索頻度の高い関連キーワードの例

歯列矯正 費用 / 歯列矯正 期間 / 歯列矯正 料金 / 成人 歯列矯正 / 小児 歯列矯正
インプラント / 矯正 歯科 / 歯列矯正 東京都 / 歯列矯正 大阪 / 歯列矯正 福岡 / 歯列矯正 横浜
インプラント 費用 / インプラント 歯科 / インプラント 治療 / インプラント 横浜 美容 歯科




「歯列矯正治療 | 東京都 .net」では、出来る限り正確な情報を掲載していますが、
掲載内容または掲載内容を元に行う行為について、何らの保証・責任を負うものではありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。